クレジットカードのトラブルで知っておきたいこと

クレジットカードのトラブルで多いのは、そこに記載されている情報を悪用され、身の覚えがない料金の支払いを請求されると言うものです。特にネットショッピングは、カード番号や名前などを入力すれば買い物を済ませることができます。



つまり実物のクレジットカードがなくても買い物ができてしまうと言うことです。


そのため知らない間に情報を盗まれてしまい、悪用され、料金の請求が来ると言うことも決して珍しくはないと言えます。
このようなトラブルが発生した場合ですが、こちらに非がないことが認められた場合には、一定期間内にカード会社に通告することで補償が実行されます。



たとえばカードを適切な範囲内で利用していたとか、個人情報を自ら不特定多数に明かしていた事実がない、適切な場所にカードを保管していたと言うことなどが、こちらに非がないと認められるためには必要なことです。

それからクレジットカードに自筆のサインがあることも必要です。


この自筆のサインと言うのは、カードを持ち歩くことが多い人は当たり前のようにしていることかもしれません。
ですが自宅で、ネットショッピングでしか使用しないと言う人は、どこかに落としたりする可能性もないからサインはしていなくても大丈夫と思い込んでいる人も多いかもしれません。
しかしクレジットカードは、その人の自筆のサインがあって初めて有効性が認められるものであり、このことはカードにも記載されている場合がほとんどです。
カードに自筆のサインがない場合、そのカードは無効であり、つまりはカード会社の補償適用外と言うことにもなりかねないので、カードには必ず自筆のサインをしておくことが求められます。



そして一定期間内にカード会社に申請するためにも、カード会社からの請求書はしっかりと目を通しておく必要があります。