クレジットカードと債務整理

債務整理は、多額の借金を抱え、その返済が難しくなった人が行うことにより、借金の返済負担を軽減させることが出来るという手続きのことを指します。


債務整理の対象となるのは、消費者金融のキャッシングなどが一般的ですが、クレジットカードを利用して返済が難しくなった場合でも行われることがあります。



最近では、生活費などの支払いを全てクレジットカードで行っているという人も増えていますが、この結果、クレジットカードの支払いが高額になってしまったために、現金が手元に残らず、さらにクレジットカードを利用するという事を繰り返してしまっている場合があります。


これは、支払いを先延ばしにしているに過ぎず、いつまでも返済が終わらない状態となっているとも言えます。



このような場合には、カード会社と話し合いをすることにより、返済負担を軽減させることが出来る場合があります。



債務整理にはいくつかの方法がありますが、任意整理が適しているでしょう。

なお、任意整理を行うという場合には、あらかじめカードの支払いをストップすることが必要となります。
引き落とし口座に設定している銀行の対応が間に合わないという場合には、口座残高をゼロにし、引き落としがなされないようにする必要があります。

任意整理は、個人で行うことも可能ですが、手間と時間がかかる上に、思ったような結果を得ることが出来ない可能性もありますので、弁護士などの法律の専門家に相談をしましょう。