クレジットカードを上手に使おう

クレジットカードとは、ショッピング枠やキャッシング枠のついたカードの事で、それぞれのカード会社の規定に基づき一活払い・分割払い・リボ払い等の払い方を選択できるようになっています。

大きな買い物をする際や、現金の持ち合わせがない時でも商品を購入する事が出来、とても便利に活用する事が出来ます。



最近ではショッピングセンターや施設の利用が優遇されるような協賛しているカードも多い為、複数枚所持する方が多くなっています。
それぞれのカードにより特典や会員サービス等が異なる為、各施設ごとに上手に利用する事で大変お得に利用出来るといえるでしょう。

しかし、便利だからといってカードを沢山持ちすぎると、支払いも管理しきれないほどに複雑化したり、また紛失しても気づかなかったりというように、トラブルも多くなると考えられます。



更に最近では、知らない間にカード情報が抜き取られるといった非常に悪質なトラブルも多い為、十分気を付けるようにしましょう。


社会人ともなると信用面でもクレジットカードは必需品ともいえますが、持っているだけで年会費を支払うタイプも多く、不必要に持つ事はかえって損失を招く恐れがあります。
またカードの支払いが出来ずに借金を重ねてしまう人も後を絶ちません。
クレジットカードは現金を持たずに買い物が出来たり、お金を借りる事が出来る為、非常に便利ではありますが、支払いが滞ったり返済が遅れてしまうと、いわゆるブラックリストといわれるような信用情報に掲載されてしまい、それにより様々なローンが組めなくなるなど、生活全般に大きな影響が出ます。

ですから利用の際は、くれぐれも注意して使用する事が大切です。