クレジットカードの審査に落ちる理由とは

クレジットカードは申し込んだ人すべてが持つことが出来るわけではありません。

申込後、審査を受け、通過することが出来れば持つことが出来ます。



一度審査を落ちたからと言って、立て続けに申し込みをすると、再度審査に落ちてしまう可能性があります。そこで、クレジットカードの審査に落ちてしまったという場合には、最低でも半年以上は間隔をあけて、申し込みをするようにしましょう。


これは、審査を落ちたカード会社であるなしに関わらずです。



半年の間にするべきこととしては、なぜ審査に落ちたのかという原因を考えるということです。理由もなしに審査に落ちるという事はありませんので、審査に落ちたということは、何らかも問題があったという事になります。



例えば、キャッシングやカードローン、各種ローンを利用している場合に返済が滞っているという場合や返済が何度も遅れたことがあるということが原因として考えられます。

最近では、スマートフォンを購入する時に、分割で購入するという人も増えてきていますが、この支払いが滞っているということが原因でクレジットカードの審査を通過することが出来ない可能性もあります。
そして、短期間に複数のクレジットカードに申込をしているという場合も、怪しまれてしまう可能性があります。

その他には、債務整理を行ってから日が浅いという場合も信用情報機関に記録が残っているため、審査に悪影響を与えている可能性があると言えるでしょう。