クレジットカードの海外旅行傷害保険の携行品損害補償 

クレジットカードには海外旅行傷害保険の付帯されるものがありますが、保険の補償項目の中に必ず「携行品損害補償」というものがあります。
携行品損害補償というのは、バッグやカメラ、スマホ、搭乗券、パスポートなど、海外に携行した物を盗まれたり、壊れたりした時にその損害額が補償されるものです。

保険金額はクレジットカードによって、最高30万円や50万円などとなっていますが、すべての場合で最高額が補償されるわけではなく、通常では1点当り10万円が上限です。



また、免責金額があった場合はその金額分は自己負担になります。

携行品に損害があった場合、その損害額の基準となるのは「時価」になります。

また、修理が可能な時は修理費です。



時価というのは、対象物と同じ物を新たに購入するのに要する金額から、使用期間の消耗分を差し引いた金額のことです。つまり、車と同じように年を経るごとに価値が下がるため、その当時の価値の分だけがクレジットカードから補償されるということです。



なお、「修理で可能な時は修理費」になりますが、例え修理代に10万円掛かったとしても時価の評価が7万円であれば、7万円だけが補償されます。


ちなみに、利用者に重大な過失があると、補償を受けられません。

例えば、空港のロビーにバッグを置いたまま買い物をしていただとか、浴室でスマホを操作していて故障したという理由だと、補償を受けられません。

なお、現金類や動植物、業務用製品など、補償の対象外となる品物もあります。