クレジットカードに関する信用情報の内容とは

クレジットカードの申し込みをした際には、カード会社による審査が行われます。クレジットカードは、通常であればその場で行わなければならない料金の支払いを、一時的にカード会社に肩代わりしてもらうものです。ですからカード会社にとってみれば、申し込みをしている人が、料金の肩代わりをする信用に足る人であるかどうか、肩代わりした料金の支払いをしっかり行ってくれる人であるかどうかと言うのを、事前に確認しておく必要があると言うことです。

なお、こうした審査はカード申し込み時だけでなくローンや融資などを申し込んだ際にも行われるのが一般的です。

この審査の際に判断材料にされるのが信用情報です。
個人の信用情報は3つの機関によって管理されています。



そして必要な際には、金融機関の垣根を超えて閲覧できるようになっています。

ちなみに所定の手続きさえ取れば、この信用情報は個人が閲覧することも可能です。

信用情報には、その人の名前や住所などの基本的な個人情報から始まり、その人がこれまで利用してきた金融サービスの内容、その利用状況などが細かに掲載されています。



ですから審査を通過して、晴れてクレジットカードを利用することになったと言う場合も、その利用状況は信用情報に記載されていきます。

どのような情報が信用情報として記載されていくかと言うと、まずはクレジットカードの契約内容で、契約年月日から始まり、キャッシング枠の有無やその限度額などが掲載されます。

更に支払いの状況、キャッシング枠の利用状況、利用額なども掲載されていきます。

ただし、どんな物を購入したのかと言った細かい情報までは掲載されていません。


もし、支払い請求が遅れてしまったりした場合は、当然、その旨も信用情報に記載されます。

そしてそれは、他の審査にも影響を与えることが考えられるので注意が必要です。