クレジットカードの支払いが遅れたら

クレジットカードは高額の商品でも分割で購入することが出来たり、ポイントを貯めることが出来るなど、便利なアイテムです。

しかし、その支払が滞ってしまった場合には、思わぬトラブルに発展する可能性があります。



まず、クレジットカードの支払日は決まっています。カード会社が決める場合もあれば、いくつかの選択肢の中から選択することが出来る場合もあります。



その期日に、指定されている口座から返済額が引き落とされます。

もし、残高不足で引き落としができなかったという場合でも、すぐにクレジットカードが利用することが出来なくなるというわけではありません。


通常は、はがきや書面で新たな引き落とし日が通知されます。もし、残高不足を伝えるはがきや書面が手元に届く前に、残高不足であったことに気がついたら、その時点で早めにカード会社に連絡をするようにしましょう。


そうすることで、支払いが遅れたことにより発生する延滞金を少なくもしくはゼロにすることが出来る場合もあります。



再引き落としでも引き落としをすることが出来なかった場合には、電話での督促が来るようになります。

電話ではいつまでに支払うのかということが問われます。

支払日が先になればなるほど、延滞金が加算されていき、支払い負担も重くなりますし、信用も失われてしまう事になります。それでも支払いが出来なかったという場合には、最終的に強制解約となります。

強制解約となった場合には、新規にクレジットカードを作ることやローンの利用が難しくなると考えられます。